ついにBitShares(BTS)の時代が来たのか!?

BitShares(ビットシェアーズ)(BTS)という通貨があります。

発行上限枚数は約37億枚。

1枚あたりの値はそれほどではなく、CryptoCurrency Market Capitalizations ではずっと20位前後をうろうろしていました。

BTSとOpenLedger

BTSはOpenLedger(オープンレジャー)という取引所の基軸通貨でもあります。

OpenLedgerは一時期話題となった、Bitland(CADASTRAL)を売買できるところでもありますね。

BTSは他にも独自の機能を備えており、将来性がありそうだなと思ったので私もずっと保持していました。

ちなみに取引所のOpenLedgerに関しては、少し触ってみて「なんだか使いにくい」と感じたので、ここしばらくログイン自体をしていませんw

BTSがいきなり高騰した! その理由は?

私が買った時点でBTSは3桁satoshiでしたが、すぐに4桁にあがってそれから後もじわじわと上昇しはじめました。

でも『大きく上がったと喜んでいたらすぐに叩き落される』の連続で中々高値を更新できず、鳴かず飛ばずの時期が長く続いていました。

「他の通貨はどんどん高騰してるけどなかなか上がらないし、もうこれ売ったほうがいいのかな……」と諦めかけていたのですが……。

先日ついに吹き上がりました!

その値上がりはすさまじく、一瞬17000satoshiにすら達するほどの勢いを見せました。

あのNEMですら最大は約14000satoshiなので、どれほど高騰したかが分かるというものです。

私もチャートに釘付けとなり、「まだ上がるのか!?」と売却ボタンに手をかけたままずっと驚愕していました。

ネット上で見かけた話によると、なにやら中国の取引所に上場したというのが高騰の理由のひとつでもあるそうです。

CryptoCurrency Market Capitalizations でも8位にまで上がるほどの勢いでした。

なお、さすがに利食いされだしたのか、現在は12000satoshiのあたりにまで落ちてきています。

このままずるずると下がってしまうのか、それともまた上がりだすのか。

注目していきたいところです。

私としてはETH(Ethereum)のように、高値で安定するような存在になってほしいと思っています。

BTSでどのくらい儲かったの?

さて。

これだけ高騰したのですから、かなりの儲けになっていても不思議ではないのですが……。

結局、私は利食いできませんでしたw

値上がりの勢いが強すぎたのにびびって、なかなか売却ボタンを押せなかったのですw

チキンすぎますね……。

せめて16000satoshiあたりで利食いするだけでも大きな利益となりましたし、下降している今買いなおして枚数を増やすこともできたというのに……。

BTSはまだまだ伸びると期待しているので、「利確して買戻しができなかったらつらい」という気持ちも大きかったというのもありますが。

高騰時にいったん利食いする勇気が欲しいです。

 

スペース

 

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 - 仮想通貨(暗号通貨)