初心者が陥るコツコツドカンをすでにやってしまっていた

FXにはコツコツドカンという言葉があります。

それまでコツコツと稼いできた利益を、1回のミスでドカンと飛ばすことですね。

1回のミスとは含み損があまりにも大きくなりすぎて我慢できずに損切りすることや、もしくは証拠金不足で強制ロスカットされることを指します。

それで私はこの時の記事で書いたように、コツコツと稼いだ収益を一発で飛ばしてしまいました……。

典型的なコツコツドカンですね。

初心者はほとんどが同じミスをおかしてしまう

どうやらほとんどの初心者は、そのような負け方をしてしまうことが多いそうです。

なぜなら始めた頃は負けを認めたくないので損切りせず、含み損になってもずっと我慢してプラスに転じるのを待つからです。

そして実際に、大抵は値が戻ってきて運が良ければそのままプラスになるのですね。

私もこのパターンで初期は勝率がかなり高い状態でした。

最初から利益が出ていればそのまま決済。

逆方向に進んで含み損が出たら塩漬けして耐え続け、反転して利益が確定したら決済。

負けというほどの負けは滅多になく、少しずつ口座の資金も増えていきました。

それで「FXなんて楽勝じゃんw」と考えてしまったのですね……。

最初はSBIFXトレードで最大でも1000通貨単位の売買しか行っていなかったのに、いつの間にかDMMFXで20000を超える通貨単位を扱うようになっていました。

ある時やばいなと思うこともあったのですが、結局なかなか損切りができないままずるずると取引を続けてしまいました。

そしてついに、ドカンと負ける日が来てしまったのです……。

いつものように塩漬けにしたポジションが翌日になっても好転せず、それから来る日も来る日もプラスに転じることなくマイナス方向に進み続け、とうとう含み損の大きさに耐えられなくなった私は損切りを行ったのです。

約80000円の損失でした。

もちろんそれまでの稼ぎがパーになって大きなマイナスを抱え、かなり落ち込んだことを覚えています。

最近になって精神的には立ち直りましたが、その時の損失はまだ回復していません。

FXを始めたばかりの時は注意深く行動しましょう

これからFXを始めようという方は、私と同じ過ちをおかさないように気をつけてください。

連勝に気をよくして取引額を大きくするとか、損失が確定するのが嫌でずるずると損切りしないとか、そういったことをやりだしたら危険なサインです。

そのままだと、最悪一発でFXの世界から退場させられる損失をこうむることにもなりかねません。

FXは負けている時に決済しなければマイナスになることはないので勝ち続けることができ、やがて自分に取引の才能があるように勘違いしてしまいますが、それは誤解です。

はっきり言えば大きな含み損が発生している時点でそのエントリーは失敗だったのです。

損切りをきっちり行うのは文字通り損した気分になりますが、大敗を防ぐための立派な作戦です。

大敗さえしなければ多少の損失はやがて取り返せます。

通貨単位を抑え、くやしくても損切りをきちんとやりましょう

初心者の内はまず自分の資金から見て安全だと思う取引額でやること。

そしてちゃんと損切りをすること。

そうすればコツコツドカンによる大敗を未然に防ぐことができるでしょう。

スペース

 

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

      2017/03/12

 - 手法や考え方など