トリプルトップ、トリプルボトムの次はなんというのか?

FXにはダブルトップ、トリプルトップというチャートパターンがあります。

反対の状況をさすダブルボトム、トリプルボトムという言葉もありますね。

このように、同じあたりの値で止められ、同形の山や谷が構成されるパターンです。

↑ダブルトップ

↑ダブルボトム

上記はダブルトップとダブルボトムですが、この山や谷がもう一度繰り返したら、それはトリプルトップ、もしくはトリプルボトムとなるわけですね。

しかし、たまに同じような山や谷が4回続くことがあります。

2重という意味のダブルの次が3重のトリプルですが、ではその次の4重はなんと呼ぶのか? パッとは思いつきませんね。

気になったのでちょっと調べてみました。

トリプルの次はクアドラプル!

調べるとあっさりと出てきました。クアドラプルです。

実生活でもあまり聞いたことのない単語ですw

英語の授業でも習った記憶がないですね。

日常生活ではあまり必要なケースがないのでしょう。

アイスクリームとかも大抵トリプルまでしかありませんからね。

クアドラプルトップもしくはクアドラプルボトム!

つまりダブルトップ、トリプルトップの次はクアドラプルトップであり、ダブルボトム、トリプルボトムの次はクアドラプルボトムということになります。

なかなか格好いい響きですね。クアドラプルトップ

もちろん、クアドラプルトップという言葉はおそらくFXの世界でも通じないと思いますが、四重の山を見つけたら「クアドラプルトップだ!」と喜びましょう。
四葉のクローバーを発見したときのように。

相場がその後どちらに動くのかは私には分かりませんw

クアドラプルの次は?

ちなみにクアドラプル以降に関してですが、5はクインティプル、6はセクスタプル、7はセプタプル、8はオクタプル、9はノナプル、10はディカプルです。

10回同じようなトップやボトムが続いたら、ディカプルトップ(ボトム)と呼ぶことになるのでしょう。

見かけることはそうそうなさそうですけどねw

というわけで、ちょっとだけFXに関係ありそうなただの雑学でした。

土日はFXができないのでうずうずしてしまいますが、こうしてブログの記事を書くことで気を紛らわせています。

スペース

 

スペース

 

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 - FXに関する雑記