初心者がSBI FXトレードでIFDOCO注文をやってみました!

2WAY注文の次のステップに進みたいと考えていたFX初心者である私は、いきなりIFDOCO注文をやってみることにしました。

IFDOCO注文とは、ある値がついた時に売る(買う)という注文を出しておき、ポジションを持った後、値が上がった時と下がった時の両方に決済価格を設定しておけるやり方です。

2WAY注文だと、ずっとパソコンの前にいないといけないのでつらいなと思っていたのですが、このIFDOCO注文ならその必要もありませんし、大きな損害が出る前に決済することも可能。

素人の私からすると、美味しいとこ取りの注文方法に思えてこのやり方をすることにしたわけですw

しかも、これまた初の1000通貨単位でやってみることにします!

はじめてのIFDOCO注文

それでは実際に注文してみましょう。

今回もBid(売り注文)をするつもりです。

注文を設定しようとしている時点でのBidの値は118.1949です。

そこで120.0000になった際に売り注文を出すようにし、125.0000になった時と115.0000になった時の両方に決済注文を出しました

120.0000で無事に売ることができた後、115.0000にまで下がったら決済を行って利益が出るわけです。

もう片方の125.0000に上がった時に決済した場合、私が損をするのですが、これ以上傷を広げないための防止策ですね。

といっても5円も上下することはおそらくそうそう無いのだと思いますが。

やがて設定が終わり、注文の予約ができました。

まずは注文が確定するかどうか、それだけでもドキドキします。

さすがに1000通貨単位は重い

今回の注文を行った結果、注文中証拠金が約5000円となりましたね。

1000通貨単位でも結構なプレッシャーです。

といってもまだ注文自体は確定していないので実際に使用しているわけではないはずですが。
(その上の損益評価額と取引必要証拠金に書かれている金額は、別の100通貨単位2WAY注文のものです)

これが10,000通貨単位だったら一気に資金の半分が証拠金として必要になるわけですから、それはさすがに怖くてできませんね……。

しばらくは最高でも1000通貨単位で取引をすることにしましょう。

ああもう少し軍資金が欲しい……本来入れる予定だった残りの10万も入金しておくか

ちゃんと指値・逆指値から学んでみます

なお、最初は指値と逆指値の区別がついてなくて逆に設定してしまっていました……。

注文しようとしたらうまくいかず、「ちゃんと設定されてません」みたいな注意が出たので間違いに気付きました。

初心者なのだし、順当に指値注文・逆指値注文からはじめたほうが良かったかもしれませんね。

いずれはそのあたりも試してみるつもりです。

スペース

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

仮想通貨(暗号通貨)の記事一覧

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

      2017/03/13

 - トレード全般