株主優待生活はやめ、米国株で配当生活を目指すことにしました

以前、株主優待生活を目指すという記事をアップしました。

しかしあれから約二ヶ月経ち、考え方が変わってきました。

冷静に考えてみると、株主優待のシステムで無料券やら商品やらもらっても損しているなって。

だって一部の店舗でしか使えない無料券よりも、どこでも使える現金をもらったほうが良いじゃないですか。

現金を貰うならやはり配当。

そこで高配当でなにやら人気の米国株にシフトチェンジしたというわけです。

いらないと思ったら即売りです

というわけで、以前買ったすかいらーくもリンガーハットもモスフードも全部手放してしまいました。

最初に買ったコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスも同様です。

米国のコカ・コーラ(KO)を買うなら、別に日本のコカ・コーラ株は買わなくてもいいかな、と思ったわけです。

もらえる配当の割合はこちらの方が上ですからね。

配当はメインだけどそれに固執はしません

米国株を買う際は配当を気にしてしまいますが、場合によってはそこまで配当を気にせずに買ったりもしています。

Amazonなんかも配当無しで有名ですが、4株だけ持っています。

ちなみに4株というと大したことないように思えますが、Amazonの株は1株1500ドルくらいするのでかなり高額ですw

米国の株は日本よりも高いものが多いので、手を出すのに少々勇気がいりますね。

例えばマクドナルドなんかも、日本の日本マクドナルドホールディングス(2702)は5000円くらいですが、米国のマクドナルド(MCD) は160ドルくらいします。

 

こちらも、もらえる配当の割合では米国株の方が上です。

日本の株も触っていきますよ

なお、日本の株は全く買わないのかというと、そんなことはありません。

以前に比べて種類は少なくなりましたがまだ保持していますし、今後も気になる株があったら積極的に買っていきます。

ただ、株主優待でもらえる無料券などを目当てにはしない、ということですね。

もちろん割安だと思ったら株主優待に力を入れている株を買うこともあるでしょう。

目指せ配当生活!

というわけで、株主優待生活は二か月くらいであっさりと終ってしまいました。

一応いくつかは優待の条件を満たしたので無料券などが少しは送られてくるはずですが、それが最初にして最後になってしまいました。

もらえるのはもちろん嬉しいので、届いたら笑顔でただ飯を食べてこようと思います。

以上です。

株主優待生活を目指すのはやめて、これからは配当生活を目指しますよ!

スペース

 

スペース

 

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 -