結局、米国株も個別銘柄に戻ってきてしまいました

以前記事に書いた自分の予感のように、米国株はETFをやめてまた個別株を買うようになりました。

やっぱり自分で欲しいと思った株を直接買うのが醍醐味だと思うのですよ。

一応、ETFもまだ持っていますし今後も定期的に買い付けていくつもりですが、割合は少なめです。

また、VTは対象から外してVOOとVTIのみに絞りました。

VTは全世界に対する投資と言えますが、どうせ下落するときは似たようなタイミングで下落するので、やっぱりアメリカだけでいいわと思いました。

ようやくスタイルが定まったかもしれない

今回の決断のように、個別株とETFにバランス良く投資していくのが自分には合っている気がします。

個別株もETFも、手放すと途端に気になりだすんですよねw

それならどっちにも触れておくのが精神的にストレスを抱えないだろうという結論になったわけです。

そのことも選ぶ個別銘柄に表れているのか、配当狙い、成長狙い、一発当て狙い、といった感じのポートフォリオになりつつあります。

やはり実際に扱ってみないと何が自分に向いているかは分かりませんね。

紆余曲折ありましたが、やっと米国株に対するスタイルが決められました。

今のバランスを大きく崩さないように投資していこうと思います。

ただ、今回はそれにたどり着くまでに無駄な売買を繰り返して手数料も込みでけっこうな損失を出してしまったので、そこは反省するところです。

ちなみに以前持っていたamazonはすでに利確してしまったのですが、現在VOOとVTIに上位銘柄として含まれていますので、amazonがさらに値上がりしていってもそこまでストレスを感じずに済みます。

 

置いて行かれた気になりにくいのが、VOOやVTIといった多数の銘柄を構成するETFのメリットのひとつなのかもしれませんね。

スペース

 

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 -