主要取引所がpoloniexからBittrexになりました

アルトコインの売買は主に海外の取引所を利用しています。

私にとってpoloniexは最初に登録した海外の取引所であり、しばらくメインで使っていた場所でもあったのですが、近頃の利用頻度はBittrexの方が上回ってきています。

置いている資産も、3:1くらいの割合でBittrexの方が多くなりました。

なぜBittrexがメインになったのか

Bittrexの魅力はやはり取り扱うアルトコインの種類が多いこと。以前からpoloniexよりも多かったのですが、それに加えてBittrexはフットワークが軽いようで、ICOが終了した通貨などを含めた新しいコインをかなりの頻度で上場させてくれます。

↑は日付でソートした通貨一覧の一部です。定期的にコインが追加されていることがお分かりいただけるかと思います。

一方、poloniexはここ最近取り扱う通貨をほとんど増やしていません。

そのため、欲しい通貨がどうしてもBittrexの方にかたよってしまいます。

最近高騰したCivic、OmiseGO、TenX Pay Token、Monacoや、それにNeoなんかもpoloniexにはないのです。

それで資金をpoloniexからBittrexに移すのを繰り返しているうちに、ついに資産量まで逆転してしまったのですね。

以前は出来高の差という絶対的な長所がpoloniexにもあったのですが、最近はBittrexも利用者が大量に増えたようで、板が薄いということもなくなってきました。

それと少し前に、Bittrexの出金制限を増やして3BTCにしたことも大きいです。

実はpoloniexは未だに初期の2000ドル制限のままで使っています。レベルを上げるためにパスポートなどが必要になるのでちょっと面倒だなと思って変更しなかったんですよね。

でもBittrexは身分証などを使わずにレベルを上げられたので、そういう意味でもBittrexの方が便利になりました。

二つ以上の取引所を使うメリット

ただ、資金を一箇所の取引所に多く置くのはそれはそれで危険ですので、poloniexから全ての資金を移すつもりはありません。

それにチャートはpoloniexの方が見やすく、Bittrexは各通貨の画面に切り替えないと売買できない欠点があるので、どちらが使いやすいかというとpoloniexだとは思っています。

あと両方の取引所において、同じ通貨でも値に大きな差が生まれる場合がちょくちょくあり、そんな時は両方に資金を置いておくことでアービトラージができるという利点もあります。

実際先日のあるタイミングではGAMECREDITSが10000satoshiくらい差がありましたし。

その際はGAMEを置いていたpoloで高く売ってbittrexで安く買い戻し、瞬時に利益を出すことができました。といっても200枚しか持ってなかったのでそんなに儲かったわけではありませんw

というわけで、今後poloniexは海外取引所の二番手として利用していくことになるでしょう。

……Cryptopia?

あそこはコインの種類は多いですが出来高が少なすぎるので、しばらくは三番手のままだと思いますw

スペース

 

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 - 仮想通貨(暗号通貨)