新興国通貨の売買割合を減らそうと思っています

先日記事で書いた通り少し前に一度ポジションの大半を整理したのですが、最近になって再びエントリーを再開。ただ、以前とは違う点があります。

以前はトルコリラ円、アフリカランド円、メキシコペソ円といった新興国通貨ばかり触っていましたが、最近はドル円などのメジャーな通貨を売買することが多くなってきました。

上記の新興国通貨は多めにもらえるスワップポイントが魅力ですが、やっぱりいろいろと不安を覚えることが多いんですよねw

特にメキシコペソ円は売買そのものが少なすぎるのかあまり値動きもありませんし、下落時にもう戻らないのではという恐怖を大きく感じてしまいます。

それにレバレッジ規制の件もありますし、個人投資家がポジションをクローズすることで、そういったマイナー通貨は値下がりが連鎖する可能性もゼロではありません。

ドル円を少しずつ買い下がり中

ドル円は今、SBIFXトレードで大体0.3円の値下がりごとに3000通貨で買いを入れています。

 

現在のポジションは下の画像の通り、まだ少ないです。最初のエントリーだけ1万通貨で入っています。

 

SBIFXトレードはやろうと思えば10や100といった細かい通貨単位から売買できるのがやはり便利。

1円の値下がりごとに1万通貨で買い下がるより、こうして細かく刻んでいくやり方のほうが私好みかなと思っています。

ドル円とその他のクロス円は下落中

値動きについては、円高傾向にあるのかドル円やその他クロス円が値を下げています。

トルコリラ円も久しぶりに28円を切ってしまいましたね。

上で述べているように近ごろ新興国通貨に不安を覚えていることもあり、正直言ってトルコリラ円は入りどころが難しいです。

セリクラ風の急降下があったらリバ目当てで入るのもありかな、くらいの感覚です。

考え方が大きく変わりました

というわけで、最近自分の中で各通貨に対する考え方が変わってきたという記事でした。

今後、新興国通貨は売買するとしても、短期目当てのエントリーが増えるでしょう。

もし長期で入るとしたら、その場合は軽めのポジションを持つにとどめようかと思います。

かつて「新興国通貨は触らないほうが良い」というような他ブログの記事を見かけた時は反発を覚えたものですが、最近はそういう記事が書かれた気持ちがなんとなく理解できるようになった気がしますw

やっぱりスワップ生活は届かない夢なんじゃないかって、そう思ってしまうんですよねw

ただ、新興国通貨に頼らずともスワップ生活は可能だと思っていますので、私は私なりのスワップ生活を目指すつもりです。

SBIFXトレード

スペース

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

仮想通貨(暗号通貨)の記事一覧

■利用中のFX業者■

■利用中のFX業者■

SBIFXトレード

SBI FXトレード

SBIFXトレード

1通貨単位から取引できるのが一番の魅力で、少ない資金で安全にFXをしてみたい方にぴったりです。
取り扱っている通貨ペア数も多めで、各通貨のスワップポイントで見てもかなり優秀です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

      2018/03/02

 - スワップ生活を目指す