ZAIFトークンとCOMSAトークンがロックアップされる!? 価値もアップか?

ZAIFトークン、そしてCOMSAトークンホルダーにとってはなかなかに重要そうなニュースです。

テックビューロからそれぞれのトークンをロックアップする計画が発表されたのです!

テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表

 

ロックアップとは?

ロックアップというのは、発行済みの通貨の一部を売却、譲渡できないように凍結する手法のことです。ロックインとも呼ばれるようですね。

単純に考えると、流通する枚数が減るということ。つまり1枚あたりの価値が高まると考えられます。

この発表のせいか、ZAIFトークンの値が上昇。

現在0.6円を超えたところで推移しています。約20%の上昇ですね。

先日、そろそろ値上がりしそうだとZAIFトークンを仕込んでおいた私にとっては嬉しいことになりました。

といってもかつてに比べると枚数は少なく、10万枚です。

今はあまり日本円に余裕がなくてこれが限界でした。ZaifではXEMも買ってますからね。

値下がりしたらナンピンしようと考えていたのですが、今回の発表のせいでもう戻ってこないかもしれませんw

ロックアップの枚数は?

ZAIFトークンのロックアップ予定数は22.5億枚。発行総数の25%に相当します。

ただ、ロックアップなのでいわゆるburn(焼却)とは違い、期間限定です。

ロックアップ期間は2018年12月末日まで。

永続的に枚数が減るわけではないので、今後の値動きがどうなるかは分かりませんね。

COMSAトークンに関しては発行数が確定後に33%がロックアップされます。

期間は同じ2018年12月末日までです。

今後のCOMSAで行われるICOのトークンについても、同様のロックアップが計画されているようです。

仮想通貨はいろいろと動きがあって楽しいです!

NEMもどうやら今回の件で重要な役割を持っているようで、やはり仮想通貨って面白いなと思いましたね。

今回のロックアップがどのような結果となるかは分かりませんが、ZAIFトークンの今後にもまだまだ期待できそうな気がします。

ZAIFトークンは仮想通貨取引所のZaifで売買されています。

Zaif

COMSAトークンは現在期間限定トークンセールの真っ只中です。

COMSA

興味がある方はチェックされてみてください。

スペース

 

スペース

 

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

Zaif

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerはビットコインの取引量で日本一を誇る取引所です。ビットコイン以外にもイーサリアムやライトコインといった通貨を買うことができます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 - 仮想通貨(暗号通貨)