私がZaifトークンを0.18円で手放してしまった理由

ああああああああああああああああ

まさかZaifトークンが2.5円にまで達するとか。

これはつらい。

せっかく底値で手に入れていたのに……

私は先日の記事で書いていた通り、0.12円というかなりの底値でZaifトークンを買っていました。約27万枚で日本円にすると3万円ほどでした。もし今日の最高値で売ることができていたら20倍の50万円以上の利益となっていたのです。

でもそれを私は買値の1.5倍程度である0.18円で手放してしまったのです。

なぜZaifトークンをあっさり手放してしまったのかというと、私がアルトコインの売買を繰り返して経験を積んだからだと思います。

ずっとXEMやRippleをホールドしていた初心者の頃の私だったら、おそらくそんなところで手放すことはなかったでしょう。

仮想通貨は値上がりし続けるという妄想に近い信念を持っていましたから。

しかし、何度も暴落に巻き込まれ、アルトコインのパンプと売り浴びせを経験するうちに、利食いできるうちに利食いするほうが賢いと考えるようになったのです。

それに加えてZaifトークンは少し前にも0.3円に上がった後、瞬時に0.1に叩き落されたので、また同じようなことが起きるだろうという先入観もありました。

でも今回はそれが仇となってしまいました。何も考えずに持ち続けるべきだったのです。

そもそもZaifトークンはずっと底値で反発しており、しかもZaifの登録者数が増え続けているということは知っていたのですから、それらの新規登録者がZaifトークンに流れる可能性があることを想像するくらいの知恵は働かさないといけなかったのです。

今から入る気にもなれず、私はしばらくこのことを引きずることになるでしょう。

次に来るのは……きっと奴だ!

こうしてZaifトークンの値上がりを指をくわえて見つめるしかできなくなったのはかなりの痛恨事です。

でもおかげであるトークンがまた噴き上がる可能性も出てきました。

そう、PEPECASHです。

PEPECASHはZaif取引所においてここしばらく下から二番目の単価でしたが、Zaifトークンが高騰したことによって一時的に最下位に転落しています。

Zaifトークンがさらに値上がってPEPECASHよりもはるか高みに行った場合、乗り遅れた人達が次に目を付けることはおおいにありえるのではないでしょうか。

私もまだPEPECASHは持っています。

というわけでZaifトークンが値上がりすることに恨み言は述べませんから、一緒にPEPECASHも高騰させてやってください。

 

スペース

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

仮想通貨(暗号通貨)の記事一覧

スペース

 

 

■FX業者■

■FX業者■

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券

一部通貨のスワップポイントが高めであり、各通貨のスプレッドもかなり狭いのが魅力です。

DMM FX

DMM FX

DMM FX

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にはうってつけです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

くりっく365

くりっく365

GMOクリック証券【くりっく365】

こちらはGMOクリック証券のくりっく365です。
各通貨のスワップポイントが高めですが、スプレッドがやや広いのが残念です。

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

FXプライム[トルコリラ]

トルコリラ円、メキシコペソ円といった通貨に力を入れているのか、これらのスワップポイントが高いのが特徴です。

スペース

 

 

仮想通貨取引所タイトル

■国内仮想通貨取引所■

bitbank.cc

bitbank.cc

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。特にリップルを買いたいという方にぴったりです。

coincheck

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の仮想通貨が取り扱われています。ここに登録しておけば、日本でメジャーな仮想通貨はほとんどカバーできるでしょう。

Zaif

Zaif

ZaifはNEM(XEM)やモナコインを早くから取り扱っていた取引所です。他にもまだメジャーではないトークンの売買も行えるため、掘り出し物が眠っているかもしれません。

スペース

 

シェアボタンについての解説

■シェアボタンはこちらです■

   

 - 仮想通貨(暗号通貨)