暗号資産の板取引をするならbitbank(ビットバンク)が便利

暗号資産取引所のbitbank(ビットバンク)を使い始めて3年くらい経ちますが、いろいろと変化がありましたのでこの記事で改めて紹介したいと思います。

bitbank

ビットバンクが取り扱っている通貨

ビットバンクは2020年11月16日現在、以下の7種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。

ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCC)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)

これらはすべて取引所で板を使って取引できます。

板取引とは?

板を使って取引するというのは、他の相場参加者から直接買ったり売ったりするということです。

bitbank取引所

大抵の取引所にある『販売所』はその取引所そのものからコインを買うことになりますが、手数料が高めに設定されているのでそのぶん割高になります。

ですので、暗号資産トレードで利益を出したいなら可能な限りコストがかからないようにすべきなのですね。

それには取引所で板取引をする必要があるということです。

ビットバンクにも『販売所』はありますが、そちらではなく『取引所』を使ってそこで注文を出しましょう。

取引所での板取引のやり方

取引所は販売所に比べて一見難しそうですが、慣れれば簡単ですので恐れずにやってみましょう。

『指値』という機能を利用して、買うときは欲しい通貨を指定して買いたい一枚あたりの金額と買う数量を入力するだけですし、

指値による買い注文

売るときは売りたい通貨を指定して売りたい一枚あたりの金額と売る数量を入力すれば良いだけです。

指値による売り注文

『成行』というのは金額を指定せず、現在の買値でそのまま買う、もしくは現在の売値でそのまま売る行為をさしますが、よほど急いでいる時を除いて可能な限り『指値』を使ってトレードすることをおすすめします。

なぜ『成行』は使わないほうが良いのか

一言で言えばリスクがあるからです。

板取引における成行注文

例えば欲しい通貨が現在1万円で売られていたとします。

それを見て「1万円なら自分が買いたい値段ぴったりだ。指値を出すのも面倒だから成行で買おう」と成行で買い注文を出したその瞬間。

いきなり相場が急騰してその通貨が2万円になった場合、2万円で買うことになってしまうのです。

たとえ「2万円なら成行で買い注文なんて出さなかったのに……」という場合でもです。注文が確定してしまったら、もちろんキャンセルなんて出来ません。

これが指値で1万円を指定して買い注文を出していた場合なら、『1万円で買うという注文』が板に並ぶだけで済むので2万円で買ってしまうことはありません。注文をキャンセルすればもちろん1万円は戻ってきます。

特に暗号資産は値動きが激しいですから、可能な限りリスクを避ける行動をすべきなのです。

ですから『成行』は基本的に使うべきではありません。

この『指値』と『成行』についてはビットバンクだけでなく、他の板取引ができる取引所についてももちろん言えることです。

ビットバンクでもレンディングが可能

板注文が便利なビットバンクはさらに、現在『暗号資産を貸して増やす』という、いわゆるレンディングサービスも行っています。

『暗号資産を貸して増やす』の説明文

取り扱っている7種のコインすべてが貸し出し対象です。今の最大年率は3%。ただ、最大限に利用しようとなるとかなりの資産が必要になります。

コインチェックの最大年率5%比べると物足りないかもしれませんが、保有資産を分散しておきたい時は選択肢のひとつになります。

ビットバンクは初心者にも上級者にもぴったり

私はかつてリップルを売買するためだけにビットバンクを利用していましたが、現在はそれ以外の通貨の売買も行なっております。

取り扱っている全ての暗号資産が板取引できること、暗号資産の貸し出しサービスにも対応していること。

ビットバンクは暗号資産でお金を増やしたい人にとって、まさにぴったりの要素を満たしています。

初級者から上級者まで、口座を開設しておいて損はありません。

ビットバンクで口座を開設したい方は以下のリンクからどうぞ。

bitbank
暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました