ビットコインが2020年にふたたび200万円に到達!

昨日、ついにビットコインが200万円に届きました!

業者によって価格はまちまちなため、200万円を超えたと胸を張って言うことはできないのですが、少なくともビットバンクでは200万円にタッチしております

こちらがそのビットバンクの日足チャート。

ビットバンクでビットコインが200万円に届いた日足チャート

高値のところに2000000の数字が残っていますね。

なお、現在は180万円台後半あたりをうろうろしていますw

こちらはビットバンクのチャート1時間足です。

ビットバンクで180万円台を上下しているビットコイン1時間足チャート

かなり叩き落されていますね。

2017年から3年ぶり

かつてビットコインが200万円を突破した記事を私が最初に書いたのは、今から約3年前。2017年の12月でした。

もっとも、その3年前の記事を書いたあと少したった頃から、暗号資産(仮想通貨)は全体的に暴落を始めるのですが……。

そのあとは本当に長い谷の部分が続きましたね。

ビットコインは一時期30万円台まで落ちてしまいましたし、アルトコインに至ってはそれを上回る下落率でした。

また暴落するのか? それともこのまま伸びていくのか?

今回はどうなるのか?

さすがにそれは私には分かりません。

以前に比べると、暗号資産に対する信頼度は増しているように思えますが……。

私にできることは今保有しているビットコインを持ち続けることだけです。

別に現在の価格で売ってもいいんですが、なんというか売ると後悔しそうなんですよね……。

ビットコインだけでなく他のアルトコインも、手放したあとに「やっぱり持っておけば良かったかな」と思うことが多いです。

先日XEMをスナップショット前に売ろうかどうか迷っていると書きましたが、結局は売らないかもしれません。

正直言って私が市場を出し抜けるとは思えないので、いらんことはしないほうが良いかなと考え始めているのですね。

2020年ももうすぐ終わってしまいますが、ビットコインとアルトコイン、どちらも今後どうなるかますます目が離せなくなってきました。

ビットコインにはもう一度200万円を突破し、さらに未到達の300万円にも届いてほしいものです。

暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました