ビットコインが決済に使えなくても問題ない理由

ビットコインは「どこかのサービスが決済に導入した」というニュースで大きく値が動くことが多いです。

特に有名なサービスならなおさらです。

PayPal(ペイパル)が導入したというニュースがあった時も、かなり値が上昇しました。

でも私はビットコインが決済で使えようが使えまいが、そこまで気にする必要はないと思っています。

なぜならほとんどの人はビットコインで決済しようなんて考えないからです。

ビットコインはもはや純金やアンティークコインのようなもの

ビットコインはデジタルゴールドともいわれ、金と同等の存在であると考えられつつあります。

それはつまり、金の延べ棒やアンティークコインといった金属の資産のようなものだということ。

金の延べ棒やアンティークコインでお買い物ができますという店があっても、実際にそれを使って買い物をするでしょうか。しませんよね。

金の延べ棒やアンティークコインは通貨ではなくて資産だからです。

ならば資産であるビットコインで決済する人だって普通はいません。

以前のように価値がそこまで高くなかった頃ならともかく、今では一枚100万円を超えているのですから、わざわざ保有している量を減らそうとは思わないでしょう。

支払いをするたびに税金がかかるなら使いにくい

それに税金の問題もあります。

決済に使ったビットコインが購入時よりも高くなっている場合、決済時に差益分の税金がかかるはずです。

そうだとしたら毎回いくら使ったかをチェックしておかないといけませんから面倒ですし、仮に申告しなかった場合に脱税になるかもしれないとあっては、不安になってビットコインで買い物をしたいとは思えなくなります。

もし税金がかからないのなら決済に利用する人も増えるかもしれませんが、さすがにそれはないでしょうし。

ビットコインで取引所のアルトコインを買う時だって税金はかかっていたのですから。

デジタル化そのものは進んでいくと思われる

国家の法定通貨をデジタル化しようという動きもあるようですが、もし世界中がそうなったらなおさらビットコインで買い物をする理由はありません。

デジタル通貨で決済すれば済む話です。

ただビットコインが決済サービスに導入されるということは、それだけビットコインが世間に認められていくということですから、もちろん悪いことではないです。

世間に認められれば認められるほど、ビットコインを欲しがる人も増えていくでしょうし、価値も上昇していくでしょうから。

ビットコインは通貨ではなく資産だと考えればよい

これからもビットコインに関するニュースが出るたびに、価値も激しく上がったり下がったりするでしょう。

ビットコインを保有する人はそのたびに気が気ではありませんよね。

私も以前は値動きが毎日のように気になっていました。

でも最近は昔ほど動揺しなくなってきています。

ビットコインのことを通貨ではなく、資産だと考えるようになってきたからです。

結局はビットコインが自分にとって資産と思えるかどうか

将来もずっと保有し続けることができるかは、これに尽きるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました