FXでスワップ通貨の積み立てを行うのは良い気分転換になる

最近仮想通貨はガチホールド戦略が通用しなくなってきたように思えます。以前のように天井知らずで上がり続けるということは少なくなってきました。

でもさまざまな通貨を渡り歩くのは、かなりぐったりとしてしまいます。

売った後に上がったら売らなきゃ良かったと思ってしまいますし、逆に買う前に上がったらなんで買わなかったんだと後悔してしまうこともしばしば。

私が今メインで使っている取引所Bittrexも通貨の種類が200くらいありますし、他の取引所にいたってはそれよりも種類が多く取り扱われたりしています。

それらにまで目を向けだすとキリがありません。

最近は新しい通貨も頻繁に上場するため、流行り廃りがさらに激しくなってきました。

私は現在無職なので上場した通貨もすぐに買うことができますが、働いている方などは仮想通貨界の流れの早さについていけなくなりつつあるのではないでしょうか。

スワップ通貨はやることが決まっているので楽

一方、FXでは現在トルコリラ円(TRY/JPY)と南アフリカランド円(ZAR/JPY)のみを扱うことにしています。

どちらも買いで保有することでスワップポイントが貰える通貨ペアです。

これらの通貨ペアを買うにあたって、考えることが少ないのが良い。

はっきり言えば、私が考えているのは必要証拠金を維持できるかどうかだけです。

必要証拠金を維持できている限りは強制ロスカットもされませんし、スワップポイントとして収益がどんどん増えていきます。

あとは、買い増しするルールをきっちりと決めてそれを守っているからかもしれません。

トルコリラ円なら毎週1万通貨を買い増し、ランド円ならスワップで1万通貨ぶんの利益に達した際にそれを使って買い増し、という風に。

こうすることで悩んだりすることがありません。買うべきタイミングが来たら買うだけです。その時以外はログインすらほとんどしていません。

↑は現在DMMFXで買い増しを行っているランド円。為替差益はマイナスになっていますが気にしない気にしない(汗)

やっぱりルールを守っての取引がメンタル的にも一番良いのでしょうね。

仮想通貨もこれまでは気になった通貨を買って高値になったら売るくらいのことしか考えていませんでしたが、なにかしらルールを作り、それに従って売買するようにすべきなのかもしれません。

最近はスワップ通貨の枚数が少しずつ増えていくのが楽しみになっています。

一時期は引退していたFXですが、こうして考えるとやはり復帰して良かったと思います。

暗号資産(仮想通貨) スワップ生活を目指す

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました