コインチェックで買えるIOSTとはどんな暗号資産(仮想通貨)?

先日ビットコインのレンディングを行うためにログインしたコインチェックに、見慣れない暗号資産(仮想通貨)がありました。

IOST(アイオーエスティー)です。

LOST(ロスト)ではありません。

最初はぱっと見、LOSTに見えたので、なんて縁起の悪い名前だと思いましたw

IOSTInternet of Services Token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の頭文字をとった略称になります。

IOST(アイオーエスティー)は日本のどこで買える?

IOSTは2020年の9月8日からコインチェックで取り扱いが開始されたようです。

いくつかの海外取引所でも買えるようですが、日本で取り扱っているのは今のところコインチェックだけですね。

コインチェック

IOSTとはどんな暗号資産(仮想通貨)で将来性はあるのか?

IOSTはInternet of Services Token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の略称です。

クレジットカードが利用されるのと同様のレベルで、ブロックチェーン技術が様々なサービスで活用されることを目指し、2019年2月25日にメインネットOlympus v1.0がローンチされました。

独自のコンセンサスアルゴリズム「PoB(Proof of Believability)」により、公平且つ高速なスケーラビリティ(処理能力)と非中央集権が実現されています。

既に国内においても、再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験や、精密医療や患者ケアのデータ管理ためのブロックチェーンテクノロジーの研究開発などが行われており、今後さらなる活用が期待ができます。

Coincheckから引用

上記はCoincheckにおけるIOSTの説明を引用したものです。

それで、ですが。

暗号資産を買っている人の中で、上に書かれていることが理解できる人ってどれだけいますw?

正直いって、私はこういう難しいことを述べている通貨がそれを実現することなんて、今ではまったく期待しておりません。

以前、そういう技術力やら将来性やらを宣伝している通貨を買って痛い目を見たことが何度もありますから。

IOSTを買うメリットはあるのか?

今のIOSTで優位性がありそうなことと言えば、国内取引所のコインチェックで買えること、あとは1枚あたりの価格が安いこと。

これだけです。

なにしろ現在のIOSTの価格は1枚0.5円ちょっとですから。

リップル(XRP)とIOSTは同じように値上がりする?

かつてはリップル(XRP)も今のIOSTと同じくらいの価格だったことがありました。

でもある時期から人気に火がつき、最大で400円をオーバーするところにまで上り詰めたのです。

いわゆるMOON(ムーン)というやつですね。(月に届きそうなくらい価格が上昇すること)

リップルでお金持ちになった人もたくさんいるはずです。

もっとも、現在は25円程度にまで落ちてきてしまっていますが……それでも0.5円だったころに比べると50倍くらいにはなっています。

IOSTについてはこのような、もう一度XRPと同じ夢を見たいという人たちが買いあさるということくらいはあるでしょう。

そしたら通貨の実際の価値とは関係なく、価格だけは上がっていく可能性はあります。

だから、私がIOSTに期待しているのは本当にそれだけです。

通貨そのもののメリットとか将来性なんて知ったことではありませんw

IOSTを買った理由

それで昨日、私もIOSTを買っておきました。

コインチェックに日本円が余っていたので、宝くじを買うくらいの気持ちで58700枚。1枚あたりの値段は安いものですから、32000円くらいで買えました。

上で述べているようなことを本当に実現できる可能性なんて1%もあるかどうか分かりませんから、実際宝くじみたいなものだと思います。まあそれは暗号資産すべてに言えることかもしれませんが。

さすがに日本円が残ってなかったら入金してまでは買う気にならなかったと思います。

後日、IOSTを追加で購入

IOSTですが、あれから何度か追加で買い増ししました。

欲しい気持ちが少しずつ強くなってどんどん買っていった結果、現在の保有枚数は合計で100万枚にまでなってしまいました。

新たに入金してまで買う気はないと言っていたのになぜ買ったかというと、宝クジにもっと賭けてみたくなった

ただそれだけですw

かつてリップル(XRP)に大きく資金を投入しようとしていた時期に、ちょうどXRPの値が上昇しはじめたせいで保有枚数を増やしきれず大きく儲けそこなったという後悔があることも、多めに買った原因だと思います。

無価値になったら大人しくあきらめます。

日本でIOSTを買いたいならCoincheckに登録しましょう

IOSTを日本の取引所で買いたい人は、コインチェックを利用しましょう。

コインチェック

もちろんIOSTも先日私がビットコインでやったように、貸し出しをおこなって増やしていくことが可能です。

※こちらの記事は、コインチェックで出来る仮想通貨貸し出しのやり方について説明した記事になります。

興味がある方は参考にされてください。

暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました