NEOがいつの間にか時価総額5位になっていて泣きたい

先日『NEO(旧ANS)が急騰しているけど素直に喜べない』という記事を書きました。

最近もの凄い勢いで値が上昇しているNEOの保持枚数が少ないことを嘆く記事です。

値下がりすることを願って下の方で買い注文を出したままにしておいたのですが、結局その後NEOは値が落ちてくることはなく、買い注文にヒットすることはありませんでした。

それで先ほどマーケットキャップを確認してみたところ、いつの間にかLitecoinやNEMを抜いて5位にまで上がっているではないですか。

この勢いは本当に凄まじい。まさにごぼう抜きといったところ。全盛期のイーサリアムにすら劣らないのではないでしょうか。

NEOを安値で大量に仕込めた人はかなりの含み益になっているに違いありません。

先日の記事に続いて今回の記事タイトルもネガティブですが、そりゃネガティブになりますよなりますともw

枚数を少しだけ増やしました

私もあの記事の後、腹をくくって高値でちょっとだけ枚数を追加しましたよ……10枚だけですけど。

びくびくしながら約850000satoshiで10枚買い、あとは値下がりしたら少しずつナンピンしようと考えていたのですが、その後あっさりと高値を更新していったのにはもはや笑うしかありませんでした。

これで私の所持NEOは合計60枚。たった60枚しかないのに現在0.8BTCの資産となっています。ひとつ下のCOVALは53万枚もあるのにそれ以上の資産価値ですよ!

これが仮に600枚なら8BTC。

6000枚なら80BTCとなっていたのです! 約3200万円です!

なぜ私は最初に手を出した230000satoshiの時期に全力で資金をつっこまなかったのか、

まあさすがにあの時点での私は6000枚買うという選択肢はほぼ不可能でしたが、600枚くらいならいけないこともありませんでした。1.3BTCくらいで済みましたからね。はっきり言ってByteballとか買ってる場合じゃなかったw

次のチャンスはまだあるのか?

最近は大半のアルトコインが不調なので、あの際にNEOを多く買わなかったミスがかなり痛いですね。もちろん結果論にすぎないとはいえ。

しかしさすがにもはや今のNEOに手を出すのは難しい……。

一刻も早く次のNEO候補となるようなコインを見つけ出さなければなりません。

それがこのビッグウェーブに乗れなかった後悔を抹消させる、たったひとつの手段なのです。

暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました