適当にロングでエントリーするのはもうやめます

これまではエントリーする際、ランド円やトルコリラ円、メキシコペソ円などのスワップ目的の通貨はもちろんのこと、ドル円や豪ドル円などですらとりあえずロングしていました。

後者も買いでエントリーすることによってスワップポイントが入ってくるからです。

まさに居酒屋における「とりあえずビール」みたいな感じだったのです。

ですが、最近になってやっぱりそれでは駄目だなと思うようになってきました。

スワップポイントが貰えるからいいやという気持ちになって損切りが遅れ、結局は大きな損失を出すことになります。

それにそんなことを続けていては、いつまでたってもトレードの腕が上がらないでしょう。

さらに買い目線のみでチャートを見つめていると、売りで入るタイミングがあることに気付かず、大もうけのチャンスを逃してしまうこともなりかねません。

それで、今後はスワップポイントにこだわるのはやめて、マイナススワップになる形でも積極的にエントリーしようと決めました。

やっぱり心理的抵抗はちょっとあります。

1円も損したくないという気持ちが強すぎるのかもしれません。

でも為替差益に比べればスワップなんて微々たるものですからね。

次第に慣れていけるでしょう。

新興国通貨に関しては現状のままで

ただ、ランド円とかはメキシコペソ円などの新興国通貨は、もう基本的にロング前提で行こうとは思っていますが。

あまり値動きがありませんし、マイナススワップによる損失も馬鹿にできませんから。

そのかわり、先日の記事で軽く触れたようにポジションを取る枚数を大幅に減らすことにしています。

実際、以前は気楽に10万通貨単位で売買していましたが、最近は1万通貨単位で少しずつしか買っていません。

そもそも新興国通貨はもう触らないほうが良いとは思っているんですけどねw

でも買ってないときに値上がりしてしまうと「やっぱり買っておけばよかった……」となって無茶なエントリーをしたくなってしまうので、それを防ぐためですね。

ショートでも勝つことを目指します

最近はFXのトレードをする機会が多くなっていることもあってか、自分の中に変化が起きることが多いです。

少し前までは「まずはスワップポイント! なにがなんでもスワップポイント!」みたいな感じでしたから。

でもこれからは、マイナススワップも気にせずにショートでも爆益を取れるよう頑張っていこうと思います。

手法や考え方など スワップ生活を目指す

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました