やっぱり取引所に置きっぱなしは駄目ですねえ……

先日から仮想通貨界隈を騒がしているCoinCheckハッキング事件。

私はNEMそのものはちゃんとウォレットで保管していましたが、ビットコインやLSKなど一部の資産はコインチェックに置いたままにしていました。過去の記事でも少し触れていましたが貸し出していたのですね。

どうなることかと見守っていましたが、NEMの損失は補填される方向にむかうようです。他の通貨や日本円も順次動かせるようになることを願っています。

私も資産が動かせるようになったら、残っている資産はウォレットに入れるか日本円にして出金するかしようと思っています。

今回の事件は取引所に置きっぱなしにする危険性を再確認することになりましたね。

正直言って、もうMtGOXみたいな事件は起こらないのではないかと考えていたのですが、やはり人間が仕事をする以上、どこかにセキュリティホールは生まれてしまうのかもしれません。

仮想通貨に対する姿勢を変更します

それで、仮想通貨との向き合い方を少しずつ変えて行こうと思っています。

まず、海外の取引所からはもう資産を引き上げるつもりです。

日本の取引所なら情報も追いやすいですが、海外となるとさすがに少々難しい。それに使う取引所が多いとそれらの情報を追いかけるのもさらに大変です。

通貨は主にウォレットで管理し、売るときだけZaifなどの国内取引所に送金することにします。

国内取引所だから安全というわけではないことは今回の事件で証明されてしまったので、国内取引所に預けっぱなしという選択肢ももう選びづらくなってしまいました。

Zaifトークンなどの取引所独自通貨はさすがに取引所に置いておくつもりですが。

今回の事件で暴落すると思ったけどあっさりと復活

NEMのハッキング事件はあったものの、肝心のNEMの値は一旦下落したあとに復活しました。

今回はNEM自体に欠陥があったわけではないので、NEMを買い増したかった人にとってはチャンスだったのでしょう。

ビットコインもなんだかんだ言って強く、もう仮想通貨の地位は揺るぎないものになっているのかもしれませんね。

私もまだまだ仮想通貨取引は続けていくつもりですが、通貨の管理だけは念入りに行っていきたいと思います。

暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました