Zaifもビットコインゴールドに関する対応を発表!

さきほど、Zaifから2017月10日25日のビットコインゴールド分裂への対応について発表がありました。

Bitcoin Goldの対応についてのお知らせ

以下の理由により、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断したようです。

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

ただ、ビットコインゴールドの分岐が発生する際に、Zaifに保有しているビットコイン残高のスナップショットを保持するとのこと。

今後、もしビットコインゴールドのセキュリティ等に問題がなければ、そのスナップショットに基づいた量のビットコインゴールドの付与を行うとともに、取り扱いも検討するそうです。

つまり安全が確保され、ビットコインゴールドが価値あるものとして流通しそうなら、きちんとユーザーにビットコインゴールドを付与するということですね。

ですので、10月25日にZaifにビットコインを預けておくのは、問題のない選択なのではないかと思います。

何が何でもビットコインゴールドが欲しいという場合は、確実に付与してもらえる取引所に置くべきですが、やっぱり安全面が気になりますし、もし価値がないなら貰ってもあまり意味はないですからね。

ビットコインゴールドは欲しいけど、資産の安全性も確保したい……という考えなら、Zaifにビットコインを預けておくと良さそうですね。

そこまで熱烈に求めるほどの物でもないのかも?

CoinCheckの声明もそうでしたが、ビットコインゴールドはセキュリティ等の面で、取引所からあまり歓迎されていない印象がありますね。

私も少し前までは「貰えるならぜひとも欲しい!」という考えだったのですが、ここ最近の取引所の声明を見て、「無理してもらわなくてもいいかな……」という気持ちになってきましたw

ビットコインキャッシュくらいの値がつくならそりゃあ欲しいですが、草コインほどの価値しかないなら、もらってもあまり意味もないですからね……。はっきり言ってただ管理が面倒になるだけです。

はたしてビットコインキャッシュくらいの価値があるものなのか。それとも有象無象のコインとして消えていくのか。

とにかく10月25日まであとわずか。

なるべく早く自分がどうしたいかを決めて、その選択にぴったりの取引所にビットコインを預けておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)

 

■当ブログの他の記事はこちら■

FX攻略日記の記事一覧

暗号資産(仮想通貨)の記事一覧

 

■暗号資産(仮想通貨)取引所について■

Coincheck

コインチェック

Coincheckではビットコインはもちろん、ライトコインやイーサリアムといった多数の暗号資産が取り扱われています。現在の取り扱い通貨はなんと14種類!
ここに登録しておけば、日本で知名度がある通貨はほとんどカバーできるでしょう。

bitbank.cc

bitbank

bitbank.ccはビットコインやアルトコインを板形式で売買できる取引所です。
現在は7種類の通貨を取り扱っており、さらに通貨の貸し出しサービスも行っています。

 

■FX業者について■

DMM FX

DMM FXは初心者向け

ツール操作も分かりやすく、とりあえずFXをやってみたいという方にぴったりです。
取引をするたびに現金化可能なポイントが貰える嬉しいシステムもあります。

SBI FXトレード

SBI FXTRADE
1通貨や100通貨といった少額単位から取引することができますので、少ないお金でFXを試してみることが可能です。
私も最初はこちらで口座を開設しました。

管理人をフォローする
無職が仮想通貨とFXで全てを手に入れる!
タイトルとURLをコピーしました